住宅ローンでの火災保険選びの注意点

住宅ローンでの火災保険選びの注意点

住宅ローンは節約できる

住宅は人生の中でも最も大きな買い物を言われます。そして普通に仕事をしている人なら、自力で資金をすべて捻出するのは難しいでしょう。そこで住宅ローンの融資を受けて購入することになるはずです。住宅ローンを比較する際に、いろいろな金融機関の商品を吟味して、少しでも自分たちに有利な条件で融資してくれる所を見つけたいと思うはずです。ところでこの住宅ローンですが、少し工夫することで、出費を節約できる可能性のあるのをご存知でしょうか?実はマイホームを購入するほとんどの人たちが、せっかくの節約のチャンスをみすみす見過ごしてしまっている傾向が見られます。

住宅ローンを使って住宅を購入する際、印紙税や登録にまつわる費用が掛かります。これらの諸費用に関しては、節約はほぼ不可能です。しかし建物と家財に掛けることのできる火災保険は、少し工夫すれば節約も可能です。火災保険は家事や自然災害など、さまざまな家に降りかかりうる災難に備えるセーフティネットです。火災保険にはいざというときのために加入しておくべきです。ただし火災保険に加入する人を見てみると、住宅ローンの融資をしてくれる銀行などから言われるがままに手続きしているケースが結構多いです。そして実際に自分の加入した保険の補償内容や保険期間、保険料についてよく理解していないこともしばしばです。

住宅ローンと火災保険

住宅ローンを組むにあたって、銀行から進められる保険はオールリスクタイプと呼ばれる商品です。その名の通り、あらゆるリスクに対して補償の受けられる保険でパッケージタイプの商品と言われます。確かにどのような災害にも対応できる保険に加入しておけば安心かもしれません。しかし人によって、明らかに必要ない補償をつけてしまっているケースも考えられます。必要ない保障をつけると、その分余計に保険料を負担しないといけなくなります。

たとえば火災保険の中には、水災に対する補償があります。大雨が降った時に河川が増水して、床上や床下浸水の被害を受けたときの補償です。一戸建てであれば必要かもしれませんが、例えば2階以上のマンションを購入した場合、床下や床上浸水する可能性は限りなくゼロに近いはずです。ところが住宅ローンを組むときに銀行の言うがままに加入すると、このつける必要のない水災の補償がついてくる可能性があります。さらに通常火災保険の場合、長期契約のケースが多いです。そして保険料は一括払いを取ることが多いですから、ただでさえ住宅購入の初期費用はかかるのに、余計な負担を強いられることもありうるわけです。火災保険に加入するときには、その内容をしっかりと把握することが大事です。

火災保険は自由に選べる

住宅ローンを組む人がよく誤解していることとして、融資を受ける金融機関の勧める火災保険に半ば強制的に加入しないといけないというものがあります。しかし皆さんが自由に住宅ローンの融資先を決められるのと一緒で、火災保険も皆さんが自由に決められます。もし金融機関が推す火災保険に加入しなくても、それだけの理由で融資が取消になることはありません。そこで火災保険に加入するときには、自分の意志でより保険料の節約できる商品を探しましょう。そのためには、先ほど少し見たように自分たちにとって必要・不必要な補償は何かを決めておくことです。無駄な補償は削って、保険料を節約するにはどうすべきかを考えましょう。火災保険のサービスとして、見積もりサービスがあります。皆さんの希望する補償内容で、保険料がいくらくらいになるのか見積もりが取れます。各保険会社に見積もりをお願いして、どこに加入するのがいいかを吟味したうえで火災保険を比較しましょう。

住宅ローンを利用するのに火災保険が必要な理由

住宅ローンと火災保険

マイホームを購入するにあたって、金融機関で住宅ローンの借入をする人は多いでしょう。金融機関から住宅ローンの融資を受けるにあたって、火災保険の加入が必要になるはずです。住宅を購入して、火事に見舞われるリスクは誰にでもあり得ます。自分の過失により出火してしまうこともあれば、隣人の過失によって火事が起こり延焼で被害を受けるケースもあります。さらには放火による被害も考えられます。後者2つは自分でいくら注意していても避けられない事象です。もし住宅ローンの返済期間中に火事が起きればどうなるでしょうか?住む場所を失った上に、さらに住宅ローンの返済をしていかないといけません。賃貸で当面は暮らしていくにしても、ローンと家賃の二重負担はかなり家計を圧迫するはずです。

もし火災保険に加入していれば、保険金が支払われます。この保険金を使って、残りのローンを完済できる可能性も高まります。このようにローン返済しながら住宅を再建するための資金として活用できます。融資している金融機関にとってもメリットがあって、返済が滞りなくでき、債権をスムーズに回収できるわけです。以前は質権を設定して、火災保険が適用される事態が起きたときに住宅ローンの返済資金を保険会社から優先的に回してもらえるように設定されることが多かったです。しかし今ではこのような質権設定をする金融機関は少ないです。その代わりにいざというときのために、火災保険に加入するように義務付けている所が増えてきています。

損害保険金と費用保険金

火災保険に加入すると、火災や自然災害など補償内容に該当する事象により家が被害を受けたら保険金が下ります。この保険金ですが、大きく2種類に分類できます。損害保険金とは、日常生活の中で建物や家財が何らかの被害を受けたときに補償してくれるものです。

損害を補償するだけでは、不十分です。たとえば火事になって燃えてしまった残存物が家の中に残ります。これらを片付けて、掃除をしないといけません。また自分の失火で隣人に迷惑をかけた場合には、お見舞い費用など様々な費用が発生します。火災保険金で捻出される費用保険金は、このような災害が起きたときに必要な費用を先ほど紹介した損害保険金とは別に補償してくれるのです。住宅が損害を受ければ、大きな費用が発生します。住宅ローンを返済しながらさらに新たな費用をねん出するのはかなり厳しいです。このため火災保険に加入しておいた方がいいわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>